恋愛

彼の本心が知りたい!「脈ありLINE」の特徴・内容はこうなんです!

気になる彼からのLINE。

LINEが来るだけでも嬉しいけど、コレって脈ありなの?脈なしなの?!すっごく気になりますよね。

できることなら両想いになりたけど。

もしかしたら気付かないだけで彼からは脈ありLINEが送られているのかもしれません。

今回は男性が好意のある女性に送る「脈ありLINE」の特徴を解説していきますね。

男性の脈ありLINEの特徴はこれ!

質問系のLINEで会話を終了させない

最後に「?」が付くような文章や、どちらかの選択を尋ねられるような文章など、こちらが何か答えを出さないといけない文章の場合、なかなかLINEが終わりませんよね。

なぜなら、

・あなたのことが知りたい
・LINEを終わらせたくない
・あなたとつながっていたい

あなたに対してこんな気持ちがあるので脈ありの可能性が高いと言えます。

興味の無い相手のことなんて、よっぽど気になることがなければ聞いたりしませんよね。

何気ない内容、どうでもいいような内容、雑談をLINEしてくる

男性は、LINEを連絡手段の一つと考えています。

いわゆる、会社内で行われる業務連絡を、個人間で行う場合に使うツールととらえている場合が多いんです。

女性はLINEをコミュニケーションツールと考える場合が多いので、雑談や何気ないLINEは普通のことだと思っていますよね。

だから男性から何気ないLINEが来ても当たり前のことだと思ってしまいがち。

しかし、男性にとってLINEは連絡手段や緊急性がある場合に使うツールです。

何気ないLINEを送ってくる場合、勇気を出して送っていることもあります。

あなたのことを意識している、自分を知ってほしい、自分を忘れないほしい、そんな気持ちが隠れていることも。

LINEのラリーが途切れない

前述した質問系、雑談LINEに繋がる部分もありますが・・。

LINEを連絡手段と考えている男性からすれば、

聞きたいことを聞く⇒返答をする⇒LINE終了!

このような流れが自然ですよね。

しかし、質問系や何気ない話題のからLINEのラリーが続くことがあります。

女性からすればLINEはコミュニーションツールなので自然な流れに思えますよね。

男性とラリーが続く場合は、男性側が続けることを意識している・努力していると言えるでしょう。

あなたが質問ばかりして、男性側が「そう」「ちがう」といった返答だけといった、無理やりあなたがラリーを続けている状態は脈なしの可能性が高いですが・・。

どちらかが一方的な質問責めではあんく、男性側からも雑談・質問がありつつのバランスの取れたラリーは脈ありと言えそうですね。

スタンプや絵文字を使ってくれる

あなたがもともとスタンプや絵文字を一切使わない場合、男性側も元々使わないタイプの人であれば一切使わないこともあります。

また、どんな相手であってもスタンプや絵文字を使う男性も居ます。

脈ありを見分けるには、下記のように分かれる傾向があります。

■男性が、元々からスタンプや絵文字を使わない場合

あなたからLINEを送る場合、絵文字やスタンプを利用してLINEしてみましょう。

数回そのようなLINEをするうちに、男性側も絵文字やスタンプを利用してくるようになった場合、あなたを意識している可能性が高いです。

これはミラーリングといって、

好意のある相手だから、無意識に行動やクセを観察(目で追って)してしまって、無意識に似たようなしぐさや行動をつい取ってしまうのです。

■男性が、元々からスタンプや絵文字を使う場合

元々、絵文字やスタンプを使う男性も居ますよね。

けどあなたと彼では、絵文字の組み合わせ方・よく使う絵文字・好きなテイストのスタンプなど違うかと思います。

あなたのテイスト・使い方で絵文字やスタンプを送っているうちに、彼があなたの絵文字たスタンプ使いのクセに影響されてきた場合は脈ありの可能性も。

よっぽど個性的なスタンプであれば、物珍しさに同じスタンプを購入することもあるかもしれません。

しかし、同じ絵文字の組み合わせを使ってくる・よく使う絵文字を使ってくる、このような場合はミラーリング効果が働いてるといえます。

■わざとミラーリングを使ってくる場合も・・

ミラーリングを恋愛のテクニックとして、わざと使ってくる場合もあります。

そのようなテクニックを使ってくると言うことは

・あなたに好かれたい
・あなたに好きになってほしい

からですよね。

よっぽど遊び慣れている男性だと話は別ですが、どうでも良い相手に好かれたいなんて思わないですよね。

あなたを肯定・共感してくれる

「それいいよね!」「それ、俺も好きなんだよね!」

このように、あなたのLINEに対して肯定や共感をしてくれるのは、

・あなたに嫌われたくない
・話を掘り下げたい
・自分はあなたの理解者と思われたい
・気が合うと思われたい

このような心理があると言えます。

好意のある人に対しては好かれたいと思いますよね。

内心は多少違うと思っていても、嫌われたくないから肯定・共感することも。

ただ、面倒くさいから適当に肯定しといて話題を終わらせようとする場合もあるので、文章の脈絡無しに適当に肯定や共感をしているようなら見極め・注意が必要です。

健康状態を心配してくれる

好きな人のことって、すごく心配になりますよね。

体調が悪い、病気をした、このようなときに心配してくれるのは脈ありと言えます。

ただ、体調が悪いこと、病気をしたときに「大丈夫?」「ゆっくり休んでね」といった一般的な労いの言葉だけであれば、脈ありとかでは無く人としての優しさである可能性が高いですよね。

労いの言葉だけではなく、具体的な治療方法を教えてくれる・病院を探してくれる・次の日、別の日も体調を気にしてくれると言った、一歩踏み込んだ心配をしてくれる場合は脈ありの可能性が高いでしょう。

既読無視せずに、必ず返信してくれる

男性同士でLINEをする場合、相手に要件が伝われば良いので、既読後は「わかった」「了解」といったあっさりした返事をする場合が多いです。

または、要件を伝わったならそのまま既読無視といった形を取ることも。

これには悪気は無く、要件は伝わっているので男性にとっては自然なことなんですね。

そんな性質を持っている男性が、あなたのLINEに対しては既読無視せずきちんと返信してくれるのは、あなたに気を使ってくれていると言うこと。

脈ありレベルはやや低めかもしれませんが、嫌われているわけではないと思って大丈夫です。

別れたあとにLINEをくれる

二人っきりでも、大勢でも、でかけたり、遊んで別れた後に

「お疲れ様でした」「楽しかったね」

このような労いのLINEが来る場合は脈ありの可能性が高いです。

男性はLINEを連絡手段のツールとして考えているので、このような「何気ないLINE」は、あなたのことを気にして送ってきてくれています。

男性からすると本来なら送らなくても良いようなLINEなので、それをわざわざ送ってくれるのは

・あなたに脈がある
・関係性を良くしたい
・これからも仲良くしたい

このような気持ちが込められていることがあります。

脈あり・なしから男性心理を読み取ろう!

彼は一体どう考えているんだろう・・。

好きな人が相手だと、客観的に判断ができなくなりがちなんですよね。

LINEは彼の気持ちが100%反映されるわけではないですが、一般的に脈ありの可能性が高いLINEをまとめました。

過去のLINEを見返してみると、実は気づかなかった「脈ありLINE」に気づくかもしれませんよ。

-恋愛

© 2021 宝石 - Houseki -